オレ様のZ!

(小技編パート4:装着!クイックシフトの巻)

 

 

あの震災の後、オレ様が青春時代を過ごした時代の愛しきバンドやユニットが復活した。

一時的な限定期間かもしれないが、それでもオレ様は嬉しかった。

特にCOMPLEXについてはかなり嬉しかった。

ZAKUさんなどは幸運にもドーム公演のチケットを手に入れ、あのころにトリップしてきたらしい。

ZAKUちゃんの写真無断使用(ゴメンチャイ)

チケットが確保できなかったいオレ様にとっては、全くもってうらやましい限りである。

しかもそのあと、ローソンで発売された限定DVDを予約し忘れ、こちらも買えなかったのだ。

たしかこの模様はBS(WOWOW)?かなんかでオンエアされたと思うが、それも見られなかった。

なんとも全く悲しいことだと思った矢先、今年初めにブルーレイで発売が決まった!

すかさずローソンで予約!

そしてかなり長いこと待ったが、ようやく届いた!

待望のCOMPLEX!

オレ様はハヤルココロを抑えつつ、プレーヤーにセットしたが、

やはりDVDプレーヤーではブルーレイは再生できなかった(^^;

っていうか、ブルーレイレコーダーを持ってなかったのだ(苦笑)

結局、ブルーレイレコーダーを新しく購入たんだが、

忙しかったこともあって、ようやく視聴できたのが10月になってからだ(笑)

まぁ、そんなことはどうでもよかったのだが、やはり布袋寅泰はギタリストで、

歌っていない布袋寅泰はとってもカッコ良かった。

オレは布袋寅泰のファンだ。

だが、歌っている布袋寅泰はちょっとイメージではないのだ。

また、ヒムロックが単独で全曲BOOWYで東京ドームチャリティーしたのもかなり嬉しいことだった。

BOOWY再結成とか、不仲説だとか、そんなことはどうでもよくて、

ヒムロックがBOOWYの曲を歌っていることが、オレ様にとっては重要なことだったのだ♪

 さて、ちょっと話がずれてきたのでクルマネタにもどそう。

ちょっと前にというか、いまでも全国のMINIデーラーに巡回しているようだが、

布袋×MINIのコラボモデルがあるそうだ。

 

 英国在住の布袋さんもコーフン度高いのではないだろうか?

っつってもMINIはたしかBMW傘下なんだっけか(笑)!?

 

そんなわけで布袋ファンのオレ様としては、sasabee号も布袋モデルにしたいところだが、

流石に若いころならばシャレとノリでカッティンシート貼ったかもしれないが、

いい歳のオッサンだし、第一ボディが赤なのでちょっとイメージじゃないしね(^^;

というわけで、プチ布袋ばーじょんを仕上げることにしますた♪ 

 

用意するものは、布袋寅泰モデルのピック

それも30thANVのやつがよい。

なにも新しいのじゃなくても使い古したギシギシになったヤツでよい。

オレ様、何を隠そう、実は最近ギターを始めました(笑)

というわけで、ピックの三隅を爪切りでパチンパチンと丸く形を整えます。

オレ様のはシフトノブの頭のところが凹んでて、

ここはたぶんシフトパターンを貼り付けるとこだと思うんだが、

ピックの厚みとく凹みの深さがほぼ同じだったので、

ここにピックを埋め込みますよ♪

縁周りをやすりで削って、整えて、裏面に両面テープを貼ってシフトノブに貼り付けます。

シフトパターンはどうするんだ!!??ってか?

それは全く問題ないのだすよ。

sumiちゃんが越南で作ってきてくれた、「特製プレート」があるますから(笑)

 

と、いうわけで装着!

おおぉ〜!なかなかぴったりじゃなかろうか!

どうせならシフトノブをぴかぴかに磨いとけばよかったが、こんどピカールで磨いてやるとしよう!

これで布袋寅泰のように嗚くような、高速痙攣系ビブラ〜ト、そして、舞うがごとく

ダンサンブルで軽やか&クリックリーなシフトワークが可能!ってもんだ!

 

でもまぁ、こんなのは、言われなきゃわかんない部分だし、

 まぁ柔道でいえば、「効果」ってなところで、効果をいくつとっても決め手にはならんわな(笑)

でも、しょっちゅう手にする部分なので、オレ様的には「有効」くらいには感じているダスよ♪

 

というわけで、小技編パート4のタイトルを、

 

 小技編パート4:Tomoyasu Hotei Ver.の巻

 

と、したかったのだが、”オチ”の関係上、ボツにしましたズラ(笑)

と、言うわけで、これでシフトすると通常の3倍くらいは

素早いシフトが可能!

ってことで、無理やり、クイックシフト認定!!

 

(苦笑)^^;

 

 

 

 

2012.OCT