オレ様のZ!(マフラー交換編)

 

とてもマフラーの音がでかくなってきた。 穴が大きくなってきたのだ。 

このZを購入した時点ですでに音は大きかったが、さらに大きくなった。 

もはやこのまま車検を取ることは無理だ! 

ご近所にも迷惑だし車検は6月なので、思い切ってマフラーを交換してみた。

マフラー交換した図

 

柿本の115φのステンレスマフラー。 

柿本といえばL型を極め、ドラッグレースで活躍したのがすごく印象に残っている。 

前から好きだったがカキモトマフラーを装着してみるのは今回が初めて。

ちなみに最初のZ31はHKSマフラーだった。 

当時は純正外マフラーといえば車検など取れるわけも無く、触媒を外してしまうフロントパイプ込みが普通だったように思う。

 Z32は5次元ボーダーの左右2本出し。 

で、今回初めてカキモトにしてみたのだが、昔からの勝手な思い込みではパワーはでるが、音がものすごい印象が強い。 

ヘタレなクラゲのオレ様はあまり大きな音は好みではなかったので、トラスト、カキモトは避けていたのだ。 

でも5次元はとんでも無く大きな音でしたが。 

 

それにしてもでっかい。 ゲンコツが入っちゃう。 

これなら猫が入れるね。 本当に猫が入るかもしれん。 

でもエンジンノーマルでしかも9万5千キロも走行しているケテケテなエンジンにこのマフラーはいかがなものか!? 

実際、走行してみるとエンジンのパワーが爆発的にあがったようには感じない。 

だけどエンジンの回転がスムーズにあがるようになったように感じるので(2000〜3000回転域で気持ちよく抜ける感じ。)、

ほどよくパワーアップしたように体感できる。 

音もほどほどの音量でかなり静か。 ちょっと室内にこもる感じがあるが、まあ問題ないだろう。 マフラー交換してよかった!! (2006.5)

フジツボ編へいく

オレ様の自慢のトップへ戻る