オレ様のZ!

(排気系チューニング編)

 

 

さて、今年はいよいよ車検だす。

触媒がダメなので車検がキビシイ。よってメタル触媒を入れようって思ってましたんですよ。

ちゃーんと公認仕様にしたいので、今回、車検に合わせて排気系統見直しを行いましただっちゃ

↑久しぶりのラムちゃんかいっ!

フンづまり感も否めず、出力が抑えられてるようだったしね。

 

というわけで、従来マフラーの馬力チェック。

 

 

ブースト0.7で240馬力ですた。

ちなみにブースト0.4で215馬力。  

まぁ馬力的には、こんなもんだろうなぁ。

明らかに4000rpm以上からの伸びがなく、段付きバリバリでダメダメ(苦笑)

もはやこれは段付きというレベルではない。これじゃ、楽しく走れませんね〜。

というわけで、フィーリングの良さからいつも0.4くらいで走ってたザマス。

明らかにフンづまりっす。

やはりコンピュータも合わせてやりたいものだが(爆)

 

実際のところ、Z31のマフラーの選択肢って、すごく少ないよね?

 で、マフラー選びだけど、柿本レーシングのは、もはや純正品と例えられるくらい装着率も高い。

音量、音質、性能と、非常に高次元でZ31乗りのハートをガチっとつかんでいるブランドだ。

まぁ、オレ様も柿本は大好き!

実際付けてたけど、すごくいいマフラーです。

が、

マフラーエンドがWの2本出しが、やっぱしオレ様の好みなんでやす。

まぁ、この辺は人それぞれの好みなんで、3本出しだろうと、左右デュアルだろうと、

人の好みは必ずしも一致しない。

でもね、2本出しってフジツボしかリリースしてないんだよ。←ウソツケ(笑)

でも、すでに製造終了品・・・。

オレ様のはY!オクで買ったんですけどね、ジェントルな音量、音質でかなり気に入っている。

回せば純正マフラーとは異なるサウンドで、大人っぽい嗜好のマフラーだと思うダス。

でもエンジン換装したことで、排気量が500ccUPし、実際の性能面に問題がでてきた。

そこで、思い切って完全に自分好みでマフラーを作ってもらうことにしますた。

と、いうわけだ。

 

まずはタービンアウトレットパイプ。

HIP製

こいつはフロントパイプとともにタービン排圧にかなり影響するらしい。

 

お次にフロントパイプ。

アウトレットパイプと同じHPI製。

一番心配だったのがこのフロントパイプで、フロアから出っ張り、最低地上高を下げてしまうかも!?

でも大丈夫。いずれも加工して付けてもらってます。

フロアよりも少し内側に収まってますだ。

アウトレット、フロントパイプの装着によって排圧が下がり、タービンが性能を発揮しやすくなるってんで、

せっかく排気系統をやるんだから、やれるだけやっちまおうということにしました。

いずれタービンサイズ変更の計画もあるし、これで問題ないだろう。

 

 

そして、触媒。

触媒については、かなり出力に影響があるパーツらしい。(メインパイプは80φ)

大きな声ではいえないが触媒ストレート(つまりはただのパイプ)で代用できるようだ。

だが、次世代に住みよい地球を残さなければならないオレ様としては、

今やっておける出来るだけの事をしたつもりだ。

なんて偽善的なんでしょう。オレ様?

 

なんというか、触媒というやつは、宇宙戦艦ヤマトでたとえるなら、

 

コスモクリーナー

 

地球の触媒。これによって地球を守るっていうか、排気をクリーンにしましょう!

っていう、ステキな装置なわけです。

そんなステキな装置なわけですから、いの一番に

地球環境保全

世界平和

を、願うオレ様としては、イスカンダルまで行ってでも導入したいアイテム。

やっぱ人類滅亡が掛かれば、なんとしてでもって感じだす。 

ちなみにコスモクリーナーは放射能を除去する装置だが、試運転の時に森雪がしんじゃったのに

ナゼ生き返ったのかが子供心にも大変疑問でございますた。

 

まぁ、そんなことはどうでもいいのだが触媒はHKSのER34用だす。

 

 

オレ様 エコ!

ビバ!オレ様!

 

エコロジストモドキsasabee と呼んでちょーだい!(爆)

 

 

中間のパイプもメンバーも乗り越えて

こんにちは(笑)

タイコとは、差し込み式でスプリングで支持する方式。

 

いよいよ タイコとドッキング。

当然ストレート構造で抜け重視。音量がでかくなると予想されるが、この際、目をつぶろう。

 タイコの中は60φの2本。

 

メインパイプ80φが、60φの2本に分岐してタイコにin!

 

 さて、にテール部分の取り決め!

自分の好みでなんでもOK!

冒頭でもいったけど、三本出しだってやろうと思えばやれちゃう♪

というわけで出口は2本出し(W出し)

1本出しよりも好み? 出口が2本なんで、ちょっとコスト掛っちゃったけど、

ここがオレ様のこだわりどころ。

また、出口のパイプ径はいままでの70φから、80φにしたので若干、見た目の迫力も少し増しますた。

さらに長いのが差し込みやすいと思います(謎爆)♪←何を差し込むのだ(笑)

 

で、やっぱり少し出っ張らせました(笑) しかも若者ぶって、ちょびっとヤンチャに外向き仕様(爆)!

後期はオーバーライダーの分、長く作れるので、すこし長めでも大丈夫だからイイネ!!

このようにしておくことで、アダプターとしての機能が向上するわけです(爆)←だから何のアダプターなんだ((爆)

  

バンパーのRとちょうど同じくらいのサイズでドンピシャ!

 

当然、スラッシュカット!

もっと強烈でもよかったかなぁ(笑)♪

 

 

さて、インプレッション。

まずは、見た目。

プラモなら裏っ返しにして見せたいところだが、ほとんど隠れちゃうのでマフラー出口だけ(苦笑)^^;

リクエストしたのは、2本のW出しで、スハ゜ッっとスラッシュカット。

で、肝心なのは、斜めカチ上げ(笑)

前述したが、80φのWなので、見た目にも迫力が増したと思うが、これは人それぞれの好みなので自己満足。

 

で、音量。

お願いだから、出来るだけ音量は静かなものにしてちょーだい!

と頼んでおいた(笑)

一応、オレ様も一家の主だし、御近所の方々に迷惑をかけるわけにいかないのだ。

実際にエンジンをかけてみたところ、アイドルは静かめ!

計測値は5000rpmまで回すんだそうだが、98db。

フジツボよりは若干大きくなってしまったが、うるさい感じの無いスポーティな音量♪

当然踏めばそれなりに音量デカめだか、スポーツマフラーとしては静かではないだろうか。

これ以上、静かなのは無理だろうなぁ。

 

お次が音質。

お聞かせ出来ないのが残念だが、思っていたよりも音が軽やか。

これぞターボって感じY^o^/

室内へのこもりも抑えられて、快適な感じ。

ステレオもちゃーんと聞こえます♪

経時変化によって音は変わるかもしれないが、かなり好みになりました!

sumisumi号のマフラー音から音量を抑えて、迫力を落とした感じかなぁ。

sumisumi号のマフラーには及ばないが、ちょっと近づいたようでウレシイ感じ♪

 

で、肝心の性能。

 

車体が軽く感じる。やはりタービンアウトレットから交換したことで、

排気圧力がうまく抜けているような感じがわかる。

誰かが言ってたが、RBエンジンはノーマル時はデチチューンしてるから、

排気系統でかなり出力が上がると。

加速の伸びが気持ち良く、パワー感は今までとは段違いだ!

これで通常の3倍は確保されたことだろう。

ただ4000〜5000rpmの間に”おどり場”があって、伸びが一度息を付く感じがある。

が、そのあと5000rpmからの伸びの気持ち良いこと!♪

いかにもターボエンジンに乗ってます♪って感じ。

うれしいことに下からのトルクも太くなりました!

普通に街乗りも乗りやすくなったよ。コレはうれしい誤算♪

おどり場がなくなれば胸をすくような気持ちよさが表れるだろう。

やはり次はコンピュータか(笑)

 

というわけで、新マフラーを作ってもらってパワーチェック!

おぉぉおぉぉおーーーーーーー!

289馬力 35.9kg・m(笑)

 

いかにいままでフンづまりで走っていたのかがわかる♪

4000〜5500rpmあたりで息継ぎがあるけどパワーはかなりUPしたョ?

コンピュータ換えて、ブーストをもうちとあげればフィーリングのよい300馬力も夢じゃないね!

パワーグラフ ビフォー → アフター  ←クリック!

マフラーでこんなにパワーの差を感じたのは、初めてだす。

フジツボ比でおよそ50馬力UPだもんなぁ。

正直、コストはかかっちゃったけど、パフォーマンスがよかったので

オレ様的には大満足っス!

 

特別公開!!

驚愕のsumisumi号のパワー!!

↓↓↓

538馬力 53.6kg・m!!

しかもこれ、サイレンサーしたままの記録(笑) 

もう笑うしかねぇ(苦笑)^^;

 

 

 

 

 

それから、前に使っていたマフラーだが、欲しい人がいたらオレ様まで連絡してください。

 

その後Z31CLUB重鎮、ぴょん太さんとこにお嫁入りしました!

ぴょん太さんのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010.jul