オレ様のZ!(ナビゲーション編)

 

 

別に遠出するわけでもナシ。

近所の道がわからないでもナシ。

必要があるかといったらそれもナシ。

でも欲しいよね!ナビ!

今回は妹がナビを取り替えたので、それまでつけてたナビをもらいました。

一応DVDナビでしかもインダッシュモニター!

盗難防止も含めてやっぱりモニター丸見えは避けたかったので丁度よかった。

しかーーし。オレ様のZ(昭和63年式)はイマドキの車と違ってステレオを交換するっていう習慣のないころの車。

しかもスペースが1.5DINしかないのです。

そこでアッシュトレーをつぶして、無理やり2DIN確保してインダッシュいれちゃおう!という計画で今回は進めました。

例によってジョーカーの社長にお願いしました。

 

ナビモニター装着の図。

↓↓↓↓↓

ちょっと困ったのが、ステレオのフェースの位置。 

フェース位置がもともとのツラだと、インダッシュモニターが立ち上がるときにエアコン操作部の下部にぶつかっちゃう。

 そこでモニター、CDプレーヤーともに、かなり前に出した。 元

の位置から5センチは出ているだろうか。 これなら、モニターの動作に支障は無い。 

モニターが無ければ2DINにするのはさほど困難ではないように思います。 

CDプレーヤーはDENONのDCT−A1000です。 

DENONが作ったアンプレスだし(アルファプロセッサは付いてないけど)悪くないんじゃないかな!?と思います。 

コストについては音質にかかわる部分ではなく、AUX入力とか、デジタルINとかの機能を省いてコストダウンしているのでしょう。

 そんなには悪くはないです。 

でもZ−1に比べるとダイナミックレンジの狭さは目立つし、全体に音が荒っぽくてザラザラしています。 

ハイファイ入門機としてはお手ごろでしょう。 アルミパネルで高級感もあるし。

 

さて、モニターの動作の連続写真!

 

まずは引っ込んだ状態。

うにゅーっとでてきて、

ひゅるひゅる〜っと立ち上がる

シャキーン!とモニター立ち上がり!

 

 Z31のようなもともと現役だったころにナビなどない車は、モニター設置する場所がない。 

そこで決めてはインダッシュモニター。 

これは良い! 画面も7インチだし、必要ないときはしまっとけるし。 

ただし設置に当たっては加工は完全に必要だし、素人には億劫なものだ。 

だけど昭和の車の雰囲気をのこしつつ、最新の装備を堪能したいオレ様はどうしてもナビが欲しかったんです。 

ちなみにこのときにETCも買っちゃいました。 

これもやっぱり便利だわ。 つけてよかった! 

 

 

 

ちょっと見えにくいとおもいますが、ラジオを聴くときのアンテナの操作部は下に移設しました。 

あまりラジオを聴かないオレ様には返って丁度よかったです。 目立たないし。

 

↓↓ぜんぜん関係ないけど↓↓

赤い彗星のシャア

 

最後にオマケ。なんとシャアカラーのザク。 のドリンクホルダー。 

ちなみに一個2000円。 これを3個買った。 

もう一個は仕事車についていて、もう一個はまだ未開封。欲しい人いますか?

形はふざけてますが、結構エアコンの冷機を逃さず、ジュースが冷たいです。 

飲み物を置くときは頭のカバーを上げますが、このカバーがいい具合に冷風(温風)を巻き上げるのです。 

結構スグレモノです。 案外でかいけどね。 

尚、HNの「ササビー」とは何ぞや!? 

ガンダム好きにはピーンと来たと思うけど、「逆襲のシャア」でシャアがのってたモビルスーツが「サビー」。

 これをハンドルネームにしようと決めて、キーインしたらなんと「サビー」になってた。

 しょうがないからそのまま「ササビー」で通してます。

 

ナビを付けてみて、一番のメリットは携帯電話のハンズフリー機能が使えること。 

特にMT車はケーサツにつかまるとかゆうことじゃなく、あぶないのでハンズフリーでないといけないと思います。 

それとナビはしらない場所に行くときや、渋滞回避には役立ちそうです。 

ちなみに本体はトランクのカーペットの下に隠れてます。 

ジャッキとか工具のはまっているところに直接置いています。 本当は固定しないとまずいけどね!

 説明の順番があべこべだけど、ナビはカロッツェリアのD−9500で、一応、ビーコンも付いてます。 

だけどソフトがVol.4なんで、時々新しい路線を走るとマップに道が無いです。 新しいバージョンが欲しいよ。

続 オーディオ編へいってみよう。     

オレ様のZ!のトップへもどる