オレ様のZ!

 

(リア周りカッコつけ!編)

 

VOL.1

 

 

お馴染みさんもご新規さんも、どちら様もゴキゲン麗しゅうございます。

以前ほどの更新スピードに勢いは失われたものの

オレ様のZに対する愛情はみじんも変わっていないのでございます。

 

あぁZ!

 

禁断のぜーっと!

 

オレ様が愛し続けるのは、そう。

 

Z31のみ!

 

と、言いながらもY33を側室に迎えたり、近年ではパツキン(外車)好みが加味されたりと、

なかなかオレ様も忙しくなってきて、Zにはさみしい思いをさせているのではと

反省の日々を過ごしておるのでございます。

思えばおよそ30年前。

成人式の時に、悪友が乗ってきた(借りてきた)真っ赤なZXに一目ぼれ。

それからというものの寝ても覚めてもZX ONLY ONE!

いつの日かきっとZ31に乗りたいものだと願いつつ、ようやく手に入れた200ZG。

これがオレ様のZ31人生の始まりだったのか・・・。

 

だけども若かったんだよねぇ(笑)

そして32への心移り(笑)

すっかり忘れたZ31(爆)(泣)(笑)

常に若者は移り気なのだ。

そして月日は流れまたしてもの出会い!

コレは一生手放すつもりなく、ずっとそばに居たいと願っている

オレ様の恋人なのでございます(笑)

 

その昔、大瀧詠一が唱ってたよなぁ。

♪斜め横の~♪イスを選ぶのは~♪

         ♪この角度からの~♪君がとても~♪

                   ♪キレイだからぁ~♪

なんて歌だったっけか(笑)?

 

このフレーズチョー-大好き

という訳で、オレ様の好きなZの角度は

斜め後ろからの角度なんである(笑)

ただそれが言いたいだけに、大瀧詠一を引用しました(笑)

う~ん。いいよなぁ

ピチピチ娘のような桃尻とはいかないまでも

補正して魅力的なおけつに仕上げてあげたいと、新たなワルダクミを始めましたズラ!

とくとご覧あれ!

とその前に・・・

最近割とご新規様が増えてらしたのでご説明しよう。

ここは世俗の常識は通用しませんやき←高知弁(ニセ)

登場人物の発言等は虚偽が多いのでまんがな←関西弁(ニセ)

情報量は極めて少なくむしろ偽りの情報が多いのですばい←博多弁(ニセ)

事実に基づいてはいますが、ほぼほぼフィクションじゃけん←広島弁(ニセ)

というようなインチキー風味満載ですので、これからもどうぞよろしくお願いするんだっちゃ←富山弁(ニセ)

 

(笑)

 


始まりは突然のLINEだった。

我らがモンちゃんからのLINE

ここをご覧の諸氏に於いては、もはやモンチャンを多く語る必要はあるまい。

神の国の神老師である。

 

「ちんたつ」がなんなのかは本当に謎なのだが、

 

玉ちゃんに聴いても

 

「オレだって知りたいよ!」

 

相変わらず知らぬ存ぜぬを決め込む始末・・

玉ちゃんもなにを恐れて言わぬのか、謎のままなのでありますが♪←ナゼオンプナノダwww

ちんたつの謎も明らかにならぬまま、モンちゃんを語るのは困難を極めるが

謎が明らかにならぬまま、モンちゃんといつまでも♪♪♪

ってのもさほど悪い人生じゃないのではないかと、つくづく想う。

と、まぁこんな人です。モンちゃんと玉ちゃんは(爆)

まぁ「バルス」くらいは誰でも知っていようから、玉ちゃんには今後も巨神兵として活躍してほしい(笑)

という訳でモンちゃんからこんなのありまっせ~♪

どうでっかぁ~♪

と、商人丸出しのLINE(爆)で、これをご案内いただいた。

↓↓↓↓↓↓↓↓

おおぉーーーー!スンゲーカッコいいじゃん!

リア周りの若干の寂しさが程よいボリュームでちゃっかりカバーされている!

ベントー箱がなくなってすっきりとしてるもの良い!

無論、ソッコーで注文した(爆)!

sasabee号に装着した場合のイメージを目一杯膨らませて注文した!

 

だが・・・

んっ?リアの印象がちょっと違うな??

そうだ!そうなのだ!

↑↑↑↑↑これが足らん!

こいつがあってこそ、リア周りのカッコ良さが引き立つってもんだ(笑)

だが、こいつはどうやらワイドボディ用らしい・・・・

う~ん・・・どうしようか・・・

ディフューザーだけでも十分カッコいいのだが・・・

サ:「これってさぁ、ナローボディにもそのままつくかなぁ?」

モ:「じゃ、合わせてみるよ!ちょっと待っててね」

と、モンちゃんのストックで現物合わせしてもらった。

あれ?そのままつくジャン(笑)

と思ったのだが

隙間バリバリだったよ(笑)

ナローボディとワイドボディってこんなに違うんだね。

改めてワイドボディのワイド具合があれだけのボリュームを醸していることを再認識した。

しかし・・・・

このままじゃ付けらんねぇな・・・

だって、取付け穴だってこんなに違うし(笑)

オーバーフェンダーついてるけど、基本的にはナローだし(笑)

と、ぼやいていると、流石はモンちゃん!

じゃ、オーバーフェンダーのラインで合わせちゃおうよ!

との提案!

実はkazupi号のバーフェンとリアアンダースポのラインがすごく好きで、

機会があれば真似したいと思っていた。

リア部分アップ♪

バーフェンぶった切って、サイド、リアに見事に調和させている。

まぁkazupi号もアヤシイ雰囲気満点だが、Kazuちゃん自身もあやしいニオイぷんぷんしてるね(笑)

という訳で、ひとまずはバーフェンをカットしてリアアンダーに乗っけるようなイメージで加工してもらう。

↓↓↓↓↓コレダ↓↓↓↓↓

ちなみに取付け穴もナロー用に手を加えてもらった(笑)

そうと決まればさっそく作業開始!

っつっても自分でやるわけじゃないんだけどね(苦笑)^^;

 

なんか、バンパーレスもちょっとイイカンジ♪

とりあえずの問題はコレ!

↓↓↓

後期型はオーバーライダー付きだから、レインフォースも出っ張ってるよ(笑)

コレカットしないとね♪

一先ず、仮合わせ。

おー!なかなかいいじゃん!

モンちゃん号よりカッコいいんじゃね!?

ウソウソ(笑)!

でもさ、デュアル出しマフラーの方がよりディフーザーのカッコよさが出るんじゃなかろうか?

オレ様のイメージしている70年代のスーパーカーって感じのイメージだ!

 

横から見てもカッコいい!!断然カッコいい!!

けどさ、すこーしマフラー出っぱってるかな(笑)

これにタテ方向のパイプ刺したらいい具合かもなぁ(爆)!

タケヤリアダプターとしても良さそうなことを再認識したズラ。

一度、シャレでつくってみようかなぁ(笑) ←スコシマジデス♪

 

やっぱりちょっとでてるかな?

まぁいいや!何とかなるだろ!レッツゴー!!

 

ここから飛んでください。 

↓↓↓↓↓

Vol.2へ