オレ様のZ!

(足回りリフレッシュ編)

 

 

 

sasabee号の足回りは2004年にシャコタンにしますた。

ショックは前後NISMOで、前後とも4段階調整式だす。

そろそろ6年。まだまだ問題ないけど趣味の車だし、これからず〜っと乗り続けるために

思い切って足回りを変更しよ〜計画。レッツゴー!!

 

 

 

というわけで、現在のビミョーな悩み・・・・・・。

 

 

段差を超えるときの振動がキツく、乗り心地が悪い?

まあ、このくらいはシャコタンの宿命だ。辛抱しよう。

 

 

フロントの車高が左右で約10ミリ程度違う?

いや、別にコレくらいは気にしなければ我慢できる。

 

 

リアよりもフロントの落ち方が少なく、アゴが上がってる!

コレっ!!これだよっ!

 

 

sasabee号をシャコタンにしてからずーーっと気にしてるのは、コレッ!

というわけで、車高調整式に変更するのだ!

なんだ。結局は見た目かよ・・・(爆)!

 

 

 ↓いきなりだが、これが導入した車高調↓ついでにブレーキ

おや

っと、思ったアンタ。

それでいいのです。正しいです。

実はコレ、Z31用車高調じゃねーです。

 

いろいろと悩んで、写真の車庫調に至った理由なんですが、

 

最初に当たった壁が・・・

 

 

Z31用の車高調なんて売ってるの??

 

 

と、いうことだった。

 

調査したところ、メーカーメイドでラインナップしてるのは、エナペタル(ビルシュタイン)だけだった。

でも高けーだよ(笑)

 

リアは ワイズ スポーツカーズ(YZ sports Cars)リジット式車高調整キットがZ31用で売っている。

これは結構いいかもな。オモロイ。

 

ショップメイドならR30で有名な (株)ジェネシスなら前後揃ってる(喜)!!

でも通販で買うのもなんとなく不安があるし、やっぱ25万円くらいしちゃうね。

フロントだけなら13万円くらい。

 

自作するなら、TRD のAE92用ショートショック48511-AE982がいいらしい。

これならシェルケースあまってるし、自作できるのなら一番安いよね!

でも。・・・自作はむりぽ_| ̄|○

 

もっとよくリサーチすれば他にもあるかも知れないけどねぇ。

  

 

↓ じゃ、せっかくなんで横から見ていただこう ↓

HKSのハイパーマックスだす!

S15用だす。

フロントのみ買って、ピロアッパーはクスコのZ31用っす。

ジツはアーム類も全部S15用に丸ごと交換したんダス。

あぁ。オレ様のZがだんだん得体の知れない車になっていく(笑)

でもこれで、新しいパーツ選びたい放題だ!!

 

 改造中のオレ様のZ。

 

 テンションロッドを旋盤にて加工してキャスター調整できるようにしてもらっています。

 

 

 さて、ようやく完成。走ってみよう。

でもって、インプレッション。

 

まずは良いところから。

予想外だったが乗り心地がソフトでしなやかになった感じ。

だから、乗り心地が向上?ラクになった感じ。

なんというか、長距離が疲れないような気がする。

 ブレーキはタッチにダイレクト感が生まれた。

前後バランスも問題なし。

 

  じゃ、悪いところ。

やっぱりRタイプが履けないのが、カナシイ(爆)!

 結局それかよ(爆)

 

 


 

 

そして、問題点。

今まで履いていたRSワタナベ Rタイプが履けるかどうかってことだが、

実際にあてがってみた。

↓↓↓↓↓

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

キャリパーの逃げがまったく無くて

なんとホイールのセットプレート面にすら、ハブボルトが届かない(苦笑)

そのままでは仮につけてみることすら拒否された(泣)

 かなりトホホな状態である。

 

 というわけで、ワイトレスペーサー登場。↑

オレ様、あまりこいつが好きじゃない。

なぜって?

それは

として

小さいものにゲタをはかせる

のは

インチ

をしているようで、プライドが許さないからだ。

いわゆる男のDNAってやつだ。フッ・・・

 常に堂々としていたいものだ(笑)

でもね、今回はしょうがない。

ワタナベ履けなくなるくらいなら、このくらい目をつぶろう。

 

というわけで、ワイトレ21ミリでホイールのスポークとのクリアランスはおよそ5ミリ。

 

コレくらいならまあ、とりあえず走るのは問題なかろう(喜)!!

やっぱりRタイプはカッチョいいねぇ〜♪♪

 

と、思ったが!!

 

横から見たら、カッコよかったRタイプに問題が発生していたことを、発見したのは、

 

フェンダーの上から

のぞき見たときだった!!!

 

 

まぁ、Z31乗りなら・・・特にワタナベRタイプオーナーなら、

想像もたやすいだろう。

ま、思う存分笑ってやってくんな(大核爆)♪♪

 

 

はははは・・・。 人の不幸は自分の幸福。

さぁ!皆さんお待ちかねのハミダシだよっ!!

 これはまぎれもなく「ファイブタック」の域なんじゃなかろうか(爆)!

まぁ許せるのはスリータックまでだろうなぁ。

 

だけどさぁ、ハマーさんも、junさんも、日産4POTキャリパーだけど、

無理やりRタイプはいてたよなぁ。

でもこんなにハミダシてなかったよなぁ。

やっぱり足回り一式がS15なのが原因だろうなぁ。

 

アイスの当たりなら嬉しいけど、コレでもう一本(正確には一組)用意しなくちゃだわ。

おいおい、なんでこんなにハミダシちゃうんだよぉ〜!

都合、35ミリくらいはハミダしている。

ちなみにこのRタイプは16インチで8jj、オフセットは±0です。

まぁ、コレを見たとき、「ネタになる!」「おいしいぞ!」

と、久々に自虐の自分を再発見した。

そして今日の青空に、わが師、ミカン姫の微笑みを思い浮かべるのであった(爆)

 ちょっとロボット刑事K風に。←わかんねーだろうなぁ(爆)

 

とりあえず、前に履いていたBBSを引っ張り出してきました。

ちなみにこのBBSは16inc 8jj +30

20ミリのワイトレついている。

でも、やっぱヘンだ(笑)

前だけシルバーってのは思いっきり違和感あるね。

というわけなんで、ワタナベF8タイプを換わりに購入しよう!

早速ファルコンディストリビューターのTさんに連絡。

Tさんというのは、Rタイプ購入時にushinさんが紹介してくれて、お世話になった人ですw

ushinさんの紹介ってこともあり、めちゃくちゃ親身になってくれました。

ホントその節はありがとうございましたm(_ _)m

 

ホントはマッチングに行ければいいけど、

時間がないのでマッチング用の貸し出しホイールを手配してもらった。

  

 左がマッチング貸出していただいたF8タイプ16−80 +15  右がRタイプ16−80 ±0

マッチング貸出用だけあって、どんなクルマにも対応できるようにイッパイ穴があいてます(笑)

少し斜めから見るとよくわかるけど、Rタイプと違ってスポークが外側にそれている。

スポークがやや太めにデザインされてるね。

 

エイトスポーク ちょっとええ話。

 

左:F8(リム深は25〜30ミリ程度)  右:F8F(リム深は10ミリ程度)

ファルコンディストリビューターのTさんに教えてもらったんですが、

F8F8Fのデザインはだいぶ違うんダス。

F8Fはセットプレートが外側になるので、スポークがリムの面より少しでるので、

うにゅ〜って感じのスポークデザイン。

だから、キャリパーの逃げが十分に取れるみたいです。でっかいキャリパー向き。

F8はセットプレートが内側にくるのでスポークはその方向に

シュパーー!!って感じのスポークデザイン。(Rタイプに比べればうにゅ〜ってしてるけど。)

スポークがリムの面より出ることはないけど、その代わりキャリパーには近くなっちゃう。

ブレンボなんかだと干渉しやすいんだそうな。

どっちかというとF8の方がR‐typeに合わせるにはいいかもね。

ぱっと見、あまり違いがないように見えるけど、やっぱ深いね!RSワタナベ!!

 

ビバ!RS Watanabe!

ビバ!ファルコンディストリビューター!

 

でもやっぱりR‐type独特の、深〜い二段リムには未練が残る(苦笑)

 

RACING SERVICE Watanabe ←クリック

 

おしまい

 

 

裏側を見ると、F8タイプはセットプレートも厚くスポークがうにゅ〜ってしてるから

そのままでも4potキャリパーが付きそうだね。

 

 そんじゃ、マッチング開始。

 

 まずは、そのまま付けてみたけど、ほんのちょっぴりキャリパーに干渉しちゃう。

ワタナベさんに持ち込めば、スポークをピンポイントで削ってもらえるけど、

オレ様日曜しか休みがないので、スペーサーで干渉防止。

3ミリでやってみたところ、わずか2ミリくらいのクリアランス。

キャリパーが熱膨張を起こしたときにやばいので、

ビビりつつ5ミリスペーサーを入れてみたら、

いい具合♪

お借りしたのが8jj +15だから、スペーサー5ミリで、面の位置は8jj +10と同じだね。

 

横から見たところでは問題なさそうなんだけどね〜。

 ↓

 

う〜ん。上からみるとちょっとビミョ〜。

タイヤ付いてないから下ろせないけど、やっぱはみ出すよね〜。 

 

  

ちなみに上の写真ははみ出し具合を想像してみたところ。

←左はF8タイプで下ろしてません。

 → 右はBBSで8jj +30(ワイトレ20ミリ)のツラ位置。

希望的な観測だと、なんとなくおんなじくらいかねぇ。

 

でもなぁ。実はBBS。この位置だとインナーに当たってるんだよなぁ。

でも225だし、205ならだいじょうぶかなぁ・・・・・。

でもどの道ハミダシてるんだよね(笑)

 というわけで、マッチングの結果を以下の通り取りまとめてみた。 

結果

F8 16−80 +15ミリ(スペーサー無し)

    ・キャリパーへの干渉 : わずかに干渉する。

    ・はみ出し : 若干あるもごまかせそう。

 

結果

F8 16−80 +15ミリ(5ミリスペーサー)

    ・キャリパーへの干渉 : 問題なし。

    ・はみ出し : ホイールのリムの厚み分約10ミリ程度あり。

 

  やっぱりキャリパーは5ミリ程度のスペーサーで逃がさないと、干渉しちゃうね。

単純に考えると結果のホイールからのはみ出し分を考慮してやって、

F8 16−80 +25(5ミリスペーサー)

が問題ないものと、計算値なんだけど結論づけますた。

 

で、さっそく「F8 16−80 +25」でオーダーの連絡したら、

+15オフセットホイールを+25までオフ移動すると強度的に問題があるから、

+20を推奨いただいた。

キャリパーの逃げは1.5〜2mmで問題ないらしい。

それなら、キャリパーの逃げ分を5ミリくらいスポーク削ってもらえば、

スペーサー無しではけちゃうよねぇ(笑)

で、せっかくなんでマグにしてみました。

じつは、アルミとマグで1本あたりわずか1,500円しか変わらなかったんですよ。

ブラック塗装っていうこともあったんだけどね。

アルミだとオプション色だけど、マグなら標準。

オフセット移動、スポーク加工の特注仕様がなければ、ほぼ同額!

場合によるとマグのほうが安い!

で、3kgくらい軽いしね♪ 4本で12kgだもんなぁ。

マグを履くならRSワタナベ!アルミなら17インチまであるよ!

スペーサーも必要なく、4potキャリパーも逃げるだろうし♪

R-typeからタイヤを入れ替えして完了!

 でもね〜、納期が1ヶ月半くらいかかるんだよね〜。

でもいいや。

 

 

今回はオフセットのマッチングホイールの貸出しシステムや、

ホイールの加工などで、本当にお世話になりました。

RSワタナベさん、ファルコンディストリビューターさん

かなり親切丁寧で、心のかよった企業さんだと感じます!

愛される訳は、ホイールデザインだけじゃないですね♪

 

 

ワタナベのマグ!特設コーナー!  ←クリック

 


 

↓↓ おまけコーナー ↓↓ 

それから、前に購入しておいてそのままだったんだけど、

 ↓↓↓ついでにこんなこともやってみた。↓↓↓

   

ジェネシスで購入したZ31用センターフロアバー。 

シートベルトのボルトとともに取り付けるだけのお手軽ボディ強化品。

オレ様の場合、フロアカーペットとともに止めちゃったけど、カーペットはがして直接ボディに当てた方がよさそうだね。できれば溶接しちゃった方が、いいのかもいれませんな。

効果については、みしみし音は減りませんでした(笑) 

でもお手軽です。 ちょっと高いけどね(爆)! 

剛性UP感についてもよくわからなかったです。 

でもそれはオレ様だからかもしれませんダス(かなり苦笑)

 

 

 

 

それじゃ、参考までに今回の お勘定〜♪ ←クリック!

 

 

 Little Kさんが本家で、sasabee号の日産 Neo straight 6 への換装について・・・

 

「未来へ向けてZ31を走らせる一つの提案。」

 

 と、紹介してくれたが、今回のリフレッシュのコンセプトもまさにコレ。

あまりかけ離れた改造は好みじゃないんですが、(そういうのもジツは好きだけどね)

適度に純正にこだわり、適度に純正にこだわらず、

 明日に困らない。フツーに乗れるZ31を目差したいって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010.APR