オレ様のZ!

(リアワイパー直立編)

 

 

実際のところ、リアワイパーなんて、使用頻度からいったら別になくても全く問題はない。

しかし、今風のスポーツカーってのは、リアワイパーが初めから起きている。

というわけで、ワイパー直立を試みた。

方法はカンタン!ワイパーアームを止めてるボルトを緩めて、ワイパーを立たせる。

位置が決まったら、ギューっと増し締め♪

あ〜らカンタン!!だれにでもできちゃう♪

 

まぁ、しばらくはこれで、問題なかったのだが、誤動作させたときにやばいかもね。

というわけで、このままリアワイパー動かしてみますた。

 

スイッチオン!

ウィーガコガコ  sdrftgyふじこlp;@」・・・・・

 

 

だめだこりゃ(笑)

 

 

当り前である(笑)

一度やってみたかっただけです。

もう気が済みました。&懲りました。

 

 

というわけで、せっかくリアワイパーを立てたんで、ちゃーんと動くようにしてみましょう。

そういや31CLUBのQ&Aに、もっちんさんがやり方を投稿してたのを思い出した。

例によって、真似させていただくき、ぜひともチャレンジしてみようってことにした。

 

 

 

ちなみにオレ様のZのリアワイパーは、北米86モデルのワイパーを付けている。

ギャルオさんの車検証を使って購入してもらったのだ。

国内モデルのと違って、L字に折れ曲がり、オレ様的には、なんとなくカッコよく感じる。

これに、ushinさんから頂いた86リアスポを取り付ければ完璧だろう(笑)

 

さて、これから作業するのだが、あらかじめワイパーアームは外しておくのがよろしかろう。

ワイパーアームを外したら、モンキを用意して、ワイパーの根元を緩めておこう。

 

で、リアゲートを上げる。

ワイパーモーターは、カバーの中におさめられているから、まずはカバーをはずす。

カバーの前部(下部)に丸いポッチが4個あるのをマイナスドライバかなんかで、こねくりはずす。

するとビスで止まってるから、4個全部はずしちゃう。 そうしたら、あとはクリップで止まってるだけなので、

おもむろにカバーを力任せにひっぺがそう。 あまり力を入れすぎるとクリップが割れちゃうよ。

まぁ割れたらそれは寿命ってことで、交換すればよいのだから、

やはり力任せに思いっきり引っぺがしてもらいたい。

するとワイパーモーターが出てくるので、コネクタを外し、10mmレンチで3か所外しちゃう。

すると、ワイパーモーターが外れちゃう。

外したら、矢印の4か所のビスを外して、内部を露出させよう。

中身はこんな感じ。

左側にモーターがあって、モーターが動くとギアがグルグル回りだすよ。(反時計まわり)

ちなみにモーターへの配線の端子を逆に差し込むと逆回りしますだよ。

でもね、ギアの回転方向と、ワイパー動作のタイミングは無関係なので、

やはり位相を逆の動きにしないとダメだす。

右側の方の表側がワイパーアームを差し込むシャフトです。

ちょうど、蒸気機関車の動輪と連結棒みたいな動きですな。

さて、そしたら、裏っ側にひっくり返してみると、

蒸気機関車の動輪に当たる部分の中心部分を良く見てみよう。

C型のストッパーみたいので、止まってるだす。

これをぐりぐりなんとか、外してちょーだい(笑)←オレ様は高@俊ちゃんか(爆)!

でもって、プラハンかなんかで、叩きます。

そしたら、またひっくり返します。

すると、ギアにハマってた板が外れるので、矢印の方にぐるっっと移動させ、

動作の位相をワイパーアームが起きてるとこから、寝るように、逆にします。

 

このとき、注意したいのが、もともと板がハマってる位置には、矢印の通り穴があいてるんだよなぁ。

よくわかんないけど、これがあるおかげで、きちんと板が収まるので、

できればギアごとづらすといいのだが、オレ様の腕ではギアが外れなかったので、

ギアはそのままに、板を移動させてみた。

ギアは「ドム」の顔見たいに、十字に溝があるので、それに合わせてはめればいいのだ。

このときは、あらたに板をはめる場所に、矢印みたいな穴をあけるのをわすれないでね。

ちなみにオレ様は穴を開けなかったので、ちゃんとにはまりませんでした。

だから、裏側のCリングみたいなストッパーがハマりませんですた。

でも動いてるみたいだし、外れないし、問題なかろう。←イイノカ?

それから、86乗りの人、および、86ワイパーに換えてる人はわかると思うけど、

ワイパーのゴムが劣化した時に、めんどくさい思いをしていると思いますが、

オレ様のバヤイ、フツーのブレードが付けられるように、アタッチメントを付けてます。

これだと、フロントワイパーと同じように、するっっと取り替えられるタイプにできるもんね。

 

さて、外したのと逆の作業で、モーターを取り付けてたら動かしてみよう。

 

 

 

スイッチオン!

 

 

 

 

ウィーーン。

バサッ。

 

 

 

 

 

 

ウィーーン。

バサッ。

 

ありゃ?

 

ウィーーン・・・・・・・・。バサッ。 って一体・・・?

 

 

なんかおかしいな?

 

普通は、

 

ウイーーン バサッ!

 

だろ。

 

 

 

ウィーーンの後にすぐにバサッってなるよねぇ(爆)!

ワイパーのモーター作動音と、ワイパーの動きが一致しないよ(爆)

そういえば、ワイパーアーム取り付けたときに増し締めしなかったね。

もう一度、位置を確認して、増し締め♪

動かしてみる。

 

 

 

ウイーーン バサッ!

   ウイーーン バサッ!

      ウイーーン バサッ!

 

 

 

 

 

OK!

 

 

 

 

だけど、このモーター自体が、弱ってるみたいで、なんか力弱いね。

スイッチ切ると、切った位置でとまっちゃうし。

 

 

 

 

 

 

でもOK!

 

 

 

 

 

とりあえずは逆位相でワイパー動くようになったし。

さまざまな問題があるとおもうが、どうせ使うことがあまりないので、これでいいだろう。

 

 

というように自分を納得させました。

 

それで納得しちゃうオレ様もオレ様なのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

2009.Nov

 

 

 

 

 

 

トップページへ     自慢コーナートップへ