自慢!オレ様のシーマ!

 

 

オーディオ編

 

 

オレ様のシーマは1999年式(後期)4.1リッターのアクティブサスじゃないやつ。グレード的には中間って感じか。

マルチビジョン装着車で、ナビ、TV、エアコン、カーステのコントロールを全てマルチビジョンで集中コントロールするのがついていた。

でもな、これ社外オーディオ取り付けがかなり困難だ。

 

困難の一例

 

アフターマーケットのオーディオがそのままではつかない。

 

マルチビジョンをとっちゃうと、ステレオとか、ナビはもちろん、エアコンの調整だってできなくなる。

それからパネルの形状も違うから、化粧パネルも用意しないと、物理的に社外の1DIN規格のステレオがつけらんないwww

おろ?配線も異なるみたいだ・・・・・(;゜Д゜)!  マルチビジョンと普通のエアコンコントロールでは配線が全く異なるみたい。

物理的、電気的に無加工では取り付けできないのか・・・ _| ̄|○

  あぁ・・・マント゛クセ・・・( ´,_ゝ`)

ブツブツ文句言ってもしかたないので、とりあえずスポーティグレードのマルチビジョンじゃないフェイスパネルを購入。

エアコンのコントローラーは新品で5万円以上するので、オクで入手した。

ちなみにこのエアコンコントロールは、Y33セド/グロ用のもの。 当たり前にシーマのスポーティグレードのやつを付けると、

後席用のエアコンと、空気清浄機のスイッチが無いんだよ。

これはY33シーマでマルチ撤去する場合には、注意が必要っす。

なお、このパネル、オークションでも高値がついてて、2万円近い(^^♪

で、新品は約2万円。 中古2万なら、新品2万だろ。フツー(^ム^)

という訳で、注文入れたんだが、Y33シーマもZ31よろしく、在庫が薄い。

結局3ヶ月待ちだったが、これが待ちきれなくて中古で2万なんだろね。

ちょっと待てば綺麗なのが来るのに(苦笑)^^;

パーツに関しては、製造終了して10年の「ただの古い車」なんで、当たり前だが、

今後、Z31と同じ道をたどるかと思うと、パーツに怯える車ばっかし、乗ってることになるな。まぁいっか。

 

さて、エアコンコントロールの配線どうしよ。また、ジョーカーのオヤジさん(※1)に頼もうかなぁ(#^.^#)

※1:ジョーカーのオヤジさんとは:30年近く前に「カーオーディオショップ ジョーーカー」というショップをオープン。

近年は転業したが、クルマの音作り職人で、オレ様とは20年以上の付き合いとなる。

でも同じことを考えているシーマ乗りは意外と多いみたいで、オクで変換キットがうってた(笑)

ハンドメイド品のようだが、割と出来が良い。

よし。 とりあえずマルチ撤去準備出来たから、これでようやくオーディオ取り付けられるね!

それでは今回用意したオーディオ機器。

多くはパジェロからの移植なんだけど、スピーカだけは、新品にした。

パジェロのスピーカーはどれもサイズが大きすぎて、シーマに取り付けるとなると、

かなり厄介なのだ!

というわけで、選んだのは大好きなDYNAUDIO。

実はこのスピーカーを購入する前に、オクで安いDYNAUDIOの出物を見つけていた。

旧モデルだが、新品の在庫品が40K円という破格値!

評価も悪くないし、即決してみた!で、ワクワクして到着してすぐに唖然とした。

 

フェイクじゃねーか(怒)

 

そう。偽物だった。 実はDYNAUDIO、カーオーディオ用では、割と偽物が出回っているようだ。

パッと見はよくわからない。初めて購入する人はまず騙されると思う。

まず、ネットワークのロゴマークの緑色の色が鮮やかすぎるのが不審な感じだったので、蓋を開けたら、

インチキパーツだらけだったのだ。

上の写真、これは本物なんだけど、黄色いコンデンサ「BENNIC」ですね。

偽物は「BELNIC」ってプリントされてました(笑)

なんだよベルニックって('∀`)

それから、コイルも雑な巻き方だし、こんなの継続ユーザーなら、一目でわかるし他のもひどいよ。

多分チャ●ナ製だと思うけど、ほんと馬鹿にしてるよな。

ちなみに出品者に問い合わせたら、中古買取品だったらしく、買取担当者もあまり詳しくない人で、

偽物と思って出品していた様子はなかった。当然返品も快く承諾してくれて、助かった。

 高級時計のロレックスなんかも現地行くと3000円位で売ってるよ。 ユーザーが見れば思いっきりわかっちゃうようなフェイク品が(^ム^)

別にアノ国自体には、さしたる感情を持っていなかったのだが、

人の上前はねるようなやり方を堂々と行うってことに、プライドはないんだろうか?

何となくマイナスイメージに偏ってきたよ。

おっと、こういった話は荒れる元になるから、もうやめよう(#^.^#)

 という訳で、その後、都内、某ショップで取り寄せしたしてもらった並行輸入モノを購入。

 これでも十分安いやね。

そして肝心のドアへのインストール!ドアはジョーカーのオヤジに頼んだ(^ム^)

カーオーディオは普通、ドア自体にデッドニング施し、箱として利用し、バッフルボードでスピーカーをがっちり留める。

今まではずっとバッフルボードでドアをこしらえてきたけど、今回はエンクロージャー化してみた。

エンクロージャーってのは、つまりボックス。箱のこと。

家にあるスピーカーは大抵、木のボックスになっていると思う。

ちょっと容量は足らないけど一回やってみたかったのだ。

ドア下部の部分がボックス構造になってます。

 さて、アンプ設置とワイヤリングだが。これはオレ様がやった(苦笑)^^;

しっかし、ごちゃごちゃしてるなぁ(#^.^#)

配線まとめるのがあまり得意じゃないんだすよ。

ほんとは、マルチシステム組もうと思ったが、どうしても手持ちの真空管AMP使いたかったから、

LCネットワークでアナログチックにやってみることにした。

とりあえず、自慢しとこうと思うが、メインアンプは最近よくあるハイブリッドタイプではない。

初段から、増幅までフル真空管である(慢)!

現在はHPだけ残ってるけど、営業してるのか、してないのかわからないが、某ショップのオリジナル設計のアンプだ。

EL34のシングルアンプで5W+5W。初段は6LN7。

これはデモ品なので、EL34シングルだが、通常の品は6L6プッシュプルらしい。

このアンプ、さほどパワー感はないんだが、真空管独特の歪で倍音が素敵に感じる。

トランジスタやFETなんかだとダメだけど、管を替えることで違った音色が楽しめるし、結構楽しい。

こういうのをタマ転がしって言うらしい(笑)

でも電源はしっかりしてないと、この手のAMPはだめだよね♪

 

おっと、話がそれてしまった。今回はマルチじゃなくて、パッシブネットワークで調整していきます。

とりあえず純正のネットワークで接続して見たところ、さほど悪くはない。

というか、状況によってはバチッっとハマるソースもあったりする。

ただ、アンプの非力さからくる、ちょっとしたところの「ツラさ」見たいのは感じる^^;

いずれにしても電源入れてから少なくとも30分以上はエージングさせないと、

本来の音は出てこない。この辺が石AMPと異なるところだ。

 

でもパッシブネットワークの弱点がここにある。←作れない人には弱点ね^^;

調整幅がアクティブネットワークに比べてぜんっぜん狭いのだ。

アクティブだと、カットスロープの深さ、周波数帯、位相、結構自由に遊べるけど、

純正LCネットワークだとせいぜい配線をひっくり返して位相を反転させたり、アッテネートするくらい・・・。

よって、パッシブネットワークは、使い回しの効かない、ワンオフ品作成となるわけだ。

でもな、オレ様、不器用だし、ハンダすればイモハンダ。計算は人頼み。

作ったとしても、満足感から使い物にならないネットワークで大満足しちゃうし(-_-;)

上手にネットワーク作れないオレ様は、とりあえず純正ネットワークを使う(^^ゞ

今回は、ツイーターの位置をウーファーに近づけたせいか、つながり的にはさほど悪くない。

そんな時、ネットでこちらを見つけた!!

NTW PRO ←オリジナルでネットワークを個人で作成しているようだ。

愛知のかたなので現車合せ出来ないので、最終的微調整レベルまできっちり出来るかが、ちょっと心配だが、かなり評判がよい。

ショップだと思っていたが、個人でやってるみたい。

とりあえずメール送ってコンタクト取る。

メールの文面から常識的な紳士であることがうかがえる。

ブログなどを拝見していて、そのご対応が、ハードなユーザーさんから、

ビギナーさんまで、全く対応に差がないのも非常に好感。

その後見積もりをとってみて、驚いた。安い。安いのだ!

ちなみに以前、友人に頼んだことがあるが、ほとんどそれと同じくらい安い(*´∀`*)

つまりは、「お友達価格」?

っていうか、明らかに商売っ気ではないことがわかる。

商業ベースには乗らない。この価格では(^ム^)

シンプルな6db/oct、12db/octスロープだと思うが、それにしても安い。

安いばかりではなく、独自性の高い回路構成、なによりプライドをもって仕事している様子が気に入り、

ついに、お願いすることとした。待つこと1箇月ちょい。ネットワークが届いた。

  

トランクにインストールするし、保護用にオプションでアクリル板を貼ってもらった。

サイズ的にはこのくらいがちょうど良い。無理にコンパクトにする必要はないし、音質的にもメリットはないと思うし。

アナログシステムはその物理的容積、重量というのは性能に比例するとおもう)^o^(

コンデンサにも丁寧に銅箔が巻かれている。誘導防止になるのだろうか? 丁寧なつくりだ。

 それから、NTW PROさんが独自開発したらしい増幅回路。

届くまでどんな回路構成だろうと思っていたが、なるほど。こういうことですか。

多分これだろうな。と言っても、見てる人にはよく伝わんないと思う(笑)

下が厚くなるって触れ込みだったが、エンクロージャーの容量が小さいのか、

それほどの効果は感じられなかったが、その代わりと言ってはなんだが、中域の膨らみが豊かになった。

明らかに中域の膨らみがまして、臨場イメージ(奥行感など)の鮮度が良い。

さて、ちょっと話が前後するけど、実際にトランクルームに設置してみた。

相変わらずの配線ごちゃごちゃ状態は、近日中にはなんとかせねばなるまいな(苦笑)^^;

 

しっかしまぁ、いかにもアナログ!って感じのシステムであるなぁ。

でもこれを夜見ると、綺麗だよ〜(笑)

配線のぐちゃぐちゃは暗いとよく見えないし(爆)

↓ホレッ!どうだ!!↓ なかなかのもんでしょ?

オレ様など、コレだけでもうウットリなんだすよ♪

 どうせトランクルームなので、音楽を聴くときは見えないんだけど、車の暖気運転中にしばし眺めて相変わらず、

「やっぱりオレ様のステレオ、渋すぎる」

などと寝言をほざきながら悦に入る・・・。

趣味なんだし、この程度の所有満足感は必要であろう♪

 

 さて、それではLCネットワーク入れ替え後の音質のインプレッション。

まず第一印象としては、鮮度感が抜群によい。

細かいことをつつこうとすると、自分の耳のクセ見たいなものを含み、びみょ〜な注文はあるのだが、

全体の印象としてはまとまりがよい。

いままで気になっていたボーカルが左右に貼りついていたのが解消された。

カーオーディオは、車両、スピーカー、インストール状況が複雑に絡む、特殊な状況ものだ。

だからこそアクティブデバイダーによる、マルチアンプが主流になるんだと思う。

それぞれ車両ごとに違う環境をコントロールするネットワークだから、やはり一点モノは絶対に必要。

これが自分で作成でできると、すっごく音つくりに幅が出るんだろうね!

自分で作れたら楽しいだろうなぁ(笑)

 

で、副産物的に非常に効果が高かったのが、映画音声。

俳優のセリフもナチュラルで聞き取りやすいし、雨のシーンなど、目をつぶってると錯覚しちゃう(笑)

結果的には非常に満足だすよ。NTW PROさんGJ!!

そのうち、Zもマルチアンプやめて2chでオリジナルネットワークつくってもらおうっと♪

 

 サブウーファーの箱がトランクスペースのほとんどを占拠しており、仕事で使う車としては、ゴルフバックどころか、何も置けない(苦笑)^^;

でも、いざというときには、配線を外せばすぐに下ろせる仕様なので、あまり不自由はない。

マッキンブルーのメーターもやはり心をくすぐるファクターなのだ!

でも50Hz位から下の雰囲気づくりで載せてるから、フロントスピーカーだけでも結構満足のいく感じには鳴ってるダス。

  

初公開! 以前乗ってたサニーのドアマウントスピーカー!

過去にはInfinityの6×9のEMIT付きの同軸SPを、なんとドアマウントしちゃうという

荒業とも言えることも経験している。いまどきはこんなことをするショップはまずあるまい。

このスピーカー、っていうか、EMITが気に入ってた。

最近ではセパレートばっかりが幅を聞かせているが、同軸スピーカーはカーオーディオ用としては、すごく適していると思う。

でも現時点では、イイ同軸SPが見当たらない。

 ちなみにこの車は妻の当時の愛車のサニー。

大衆車サニーにはややミスマッチなナカミチの金庫様や、1000DAC(限定品)、LAXMANでこのSPを鳴らしていたのだ。

また、ケーブル類も、デジタルはジョーカー特製、信号線はカルダス、SP線はモニターPCの銀線で、当時はそれなりにこだわっている。

妻はオーディオに興味なかったが、結構ご満悦の様子だった。

なお、現在の妻の愛車ラフェスタを購入する際、サニーを下取りしてもらったが、

オーディオ機器のほうが、てんで高額なのはチト悲しかった(笑)

 

 

2011.12.3