自慢!オレ様のシーマ!!

オフセット変更!編

 

 

オレ様のシーマは純正ノーマルホイール。

16インチ 7jj +40 というありふれたスペック。

いつもならホイールはいの一番に交換したくなるアイテムなのだが、

この純正デザインが大好きなんである(笑)

巷のY33シーマでホイールを交換してあるものを見ても、どうもホイールだけが目立っちゃって、主張が強い気がする。

ちなみにインチアップによってゆったりした乗り心地をスポイルするなら、わざわざシーマじゃなくてもいいしね。

と言って、別にホイール交換してるシーマを否定するわけではない。

自分の好きにすればいいのだ。

と、いうわけで、オレ様は純正のまま乗り続けることとした。

なんていうか、現代においてはすっごくかっこいい純正ホイールが存在しる。

Z34なんてほんとにかっこいいと思うしね。たしかレイズがタンソ゛ーで作ってるんだっけか?

だけど、2000年以前の純正アルミはデザインはいまいちビミョ〜。

だけどね、Y33シーマ用のは、ディスク面に対して、リムが出っ張っていて、

贔屓目に見れば、Z31の輸出用ホイールみたいな印象♪

それは言い過ぎかとも思うが、シーマ用ホイールは、Z31に履かせても何となく似合うんじゃなかろうか?

ノーマルホイール、サイコーっす!!

 

でもね。

ホイールの造形自体はノーマル車高ボディにマッチするけど、オフセット(今どきはインセットっていうのか?)が+40と、

かなりの内股なんで、真横から見たときは大変カッコ良いのであるが、

タテから見たときのホイールのへっこみ具合と言ったら、かなりお粗末。

 

 

あまりにも入りすぎ。こりゃいかん。

と、いうわけで、登場するのがワイドトレッドスペーサー。

正直あんまり好きなアイテムではなかったのだが、結構便利なのでまぁいっか。

オレ様のワイトレは、15ミリのベースに、7ミリ、5ミリ、3ミリのスペーサーが付属するもので、

幾通りの使い方が可能なタイプ。

とりあえず5ミリのヤツを追加して20ミリとしてみた。

 

なお、シーマのブレーキはホイールの形状がディッシュタイプなので初めて見た。

片押し2POTであるが、しっかりとしたつくり。

やはりボデーが重いからしっかりと停まってくれないと怖いもんね。

足回りはだいぶお疲れのようで、すでに交換時期をとっくに超えちゃってる♪

よって、KYBSRにしますた。

Z31でも結構使ってる人いるよね! 純正スプリングとの相性がいいんだ。これが。

しかも価格は純正の1/3だし。ホントおすすめ。

Y33シーマ後期用の設定はないけど、前期用でつきますた。

 

おっと、ちょっと脱線しますたが、というわけで、ワイトレを装着してみた♪

若干写真の角度が異なるが、ホイールの出っ張り感はだいぶ増したであろう。

 

参考までに、教えてあげよう。

オレ様のシーマはFR。つまり2駆であるが、4駆モデルも存在する。

トレッドやホイールベースが異なっている関係上、実はホイールも4駆専用となっているのだ。

デザインは同じなんだけど、4駆用は16インチ 7jj +30 と、オフセットが10ミリ外側へ出されている。

正確には、デザインもほんの少しだけ違うのだが、全く気付かないレベルの変更。

でもオレ様の四駆用ホイール、ちょっとアルミ腐食が表面にあるため、

一度、クリア層をはがしてキレイに磨いてやろうと思っているだすよ。 

四駆用

左の写真が四駆用ホイールなんだけど、中心部分のナットの穴の周りの意匠がチト違うのがわかるだろうか?

 ま、これだけなんだけどね。最近だいぶ見なくなったけど、Y33シーマが純正ホイールで街中走ってるのを見るとさ、

 

ふふん!アンタのシーマは純正ホイールかい?

オレ様のは純正ったって、ちょっと違うんだぜ!

 

ってな感じで、純正のクセに、純正を笑うという、だれも気付かない優越感に浸るオレ様ですm(__)m

 

 アルミホイールについて、今まではとにかく替えるものだと思っていたが、

むやみに替えてしまうのは車全体の印象を悪くさせる可能性もあるんですな。

特にセダン系はボディ色によっては、やはり純正が一番ってケースがあって、

そのままノーマルの状態で乗ってるのが、一番ジェントルな感じがするよ。

それと、この車は、プライバシーガラス仕様ではなく、素通しガラスだから、

剥がしちゃって、後ろが真っ黒なのもやめようかと思っている。

 

 

 と、言うわけでこんな感じになった↓↓↓

前後共に、それっぽいオフセット位置になったであろう。

 

 

 やっぱり渋すぎるオレ様のシーマ!

やっぱ日産車はサイコーですな。

 

 

と、いうわけでこれがオレ様のプラモデルコレクション(笑)

もうこれ以上はいいや(笑)

 

2011.10